プロの視点でサプリメントアドバイザーが解説

プラセンタの安全性・副作用は?

美容や健康の増進のために、
プラセンタ注射を受けたい、プラセンタのサプリメントやドリンクを利用したい、
と考えている方の中にも、プラセンタの摂取に副作用などはないの?
という事が気になる方というのも、結構多いのではないかと思います。

結論から言ってしまうと
「現在ではほとんど副作用は考えられない」という状態なのですが、

原料となっている動物の伝染病や、
もしかしてプラセンタの摂取によって健康被害が発生した...?
との可能性が考えられる実例などもあり、その都度、
ニュースとして取り上げられていた事もありますから、
そのときの良くないイメージが、どことなく心の中にあって...
という方も少なくないのかな、と思います。

たとえば、狂牛病(牛海綿状脳症=BSE)問題の際は、
牛が原料となっている食材や製品についての警戒が一気に高まり、
その際に牛由来のプラセンタについてもいろいろな論議がされました。
(結局、ほとんどのプラセンタ製品の製造の段階で、問題とされていた変異性プリオンが分解されている事、そして少量の摂取ではまず健康被害はない...という事でした。実際に、牛プラセンタが原因!と断定された例はありません。)

現在のプラセンタ製品というと、




シャケ(SOP:プラセンタ様物質)

などで、
最もメジャーなものといえば、豚のプラセンタでしょうか。

「プラセンタは本来、副作用が考えられない事が、
その利用価値の大きなメリットのひとつである」と言っている医師の方もいますし、
上記のような副作用についていろいろな論議がされた経緯もありますから、
2009年の現時点において、まずプラセンタの副作用の心配はない...
と考えても良いのではないでしょうか?

もちろん、そのプラセンタ製品を提供している、
クリニック、販売会社などの製品管理の問題で、
何らかの害を被る可能性もなきにしもあらず...

ですから、

クリニック選び、製品選びにおいても、信頼のおけるものを利用する...
それらをしっかりと選ぶための正しい目を持つこと、
可能であれば、信頼できる専門家にアドバイスを受けること、
が大切になってきますね。