プロの視点でサプリメントアドバイザーが解説

お肌の大敵

紫外線は、日やけ、シミ・ソバカスの原因として有名ですが、その他にも、肌の老化を早める要因として、皮膚にとっては敵と考えられています。

また、最近の研究では、体全体の免疫力を低下させることもわかってきています。

紫外線には、「レジャー紫外線」と呼ばれるUV-Bと、「生活紫外線」と呼ばれるUV-A、二つの種類があります。

海水浴やスキー、ゴルフなどのアウトドアスポーツやレジャーシーンの日やけの主な原因となるのがUV-B。肌の表面に急激に作用して赤みや炎症を引き起こしたり、シミやソバカス、乾燥の原因にもなります。

 

一方、シミやソバカスだけでなく、しわなどの原因にもなるのがUV-A。肌の内側の深い部分にダメージを与えるのが特徴です。

曇や霧・窓ガラスも通過して肌に届くため、日常生活で知らずしらずのうちに浴び続けるうちに、肌へのダメージが少しずつ蓄積されてしまいます。

敏感肌は、バリア機能が低下した状態なので、紫外線の影響をダイレクトに受けやすくなっています。赤みやほてり、肌あれ、中には少しの紫外線にも反応してかゆみや湿疹ができやすい方もいらっしゃいます。

 

シミやソバカスも気になる悩みですが、その他の思わぬ肌トラブルにも充分注意したいですね。

こまめな紫外線対策は、シミ・ソバカスを増やさないだけでなく、デリケートな肌をトラブルからも守ってくれます。油断禁物で取り組みましょう