プロの視点でサプリメントアドバイザーが解説

紫外線とメラニン

紫外線を浴びてしまうと、侵入を防ごうとしてメラニンが大量につくられてしまいます。

紫外線を浴びなくなれば、メラニンの量も普通に戻りますが、繰り返し紫外線を浴びてしまうと、メラニンをつくり続ける部分ができてしまいます。たるみやシワといった老化を促進させます。

 

美肌のためには、紫外線での日焼け を防ぎましょう

 

紫外線を浴び続けることが、シミができる原因となります。紫外線は、肌の内部の働きを低下させてしまいます。肌のハリや弾力が失われ、その結果、シワやたるみが出来るのです。

紫外線は、シワやたるみといった老化要素のスピードを速めます。集中的に日焼けをしたからといって、それがすぐにしわになるわけではないのですが、しわやたるみは消すのが難しいので、注意が必要です。

 

しみしわ、しみしわと本日はかなり連呼してきましたが、それほど紫外線はお肌にとって油断ならぬ存在なのです。